冬採用を乗り越えよう!冬採用の特徴やメリット・デメリットも紹介

冬採用を乗り越えよう!冬採用の特徴やメリット・デメリットも紹介

企業によっては、一年通して採用を継続している所もあります。ただ、就職はいつするかによってかなり状況が変わってくるので、失敗しないためには各時期の就活の特徴に合わせて対策を考え、乗り越えていく必要があります。冬採用に励む就活生に向け、この記事では冬採用の特徴やメリットデメリットについて紹介していきましょう。



冬採用って何?


冬採用って何?

冬採用とは、その名の通り12~3月の冬の時期にかけて行われる人材採用活動のことを指します。4~6月は春採用、7~8月は夏採用、9~11月は秋採用と呼ばれています。企業が冬採用をする理由には、この時期までに採用人数に達しなかった、内定辞退が多く出てしまって穴埋めが必要になったなどがあるでしょう。また、M&A後の事業拡大による人員確保や、人員削減を進めた結果社内に必要な人材が足りなくなった時などに、企業は冬採用を行うケースがあるようです。



冬採用のメリットについて


冬採用のメリットについて

早い内定が良い就職になるとも限りません。焦って就職活動を開始すると、企業とのミスマッチにも繋がってしまいます。ここからは、一年で最後の就活になる冬採用のメリットについて紹介していきます。



#冬採用は受かりやすい



企業が冬採用を行う主な理由は、欠員補充です。人がいなければ事業は成り立ちませんし、企業は就活生に対して「できるだけ早く入社して欲しい」と考えているでしょう。内定へのハードルが下がることにより、入るのが難しい有名企業などにも受かりやすくなることがあります。



#ライバルが少ない



就職活動が最も盛んになるのは、春先から秋口にかけてです。周りの就活生というのは、基本的に春から夏にかけて就活をおこない、内定をもらっています。冬採用まで就活を続けている人は少なく、ライバルは少なくなる傾向があるのです。面接対策をしっかりし、周りの就活生と差をつけることができれば、就職活動を有利に進めることができるでしょう。



#内定までのスピードが早い



冬採用では、「早く人材を確保したい」と焦りを感じている企業が多いのが特徴です。焦りを感じている企業は、選考を少しでも早く済ませたいと考えています。それにより、冬採用は選考ステップが省略されたり、面接回数が通常よりも少なくなったりするケースがあります。スピード感のある就活できるのが、冬採用のメリットです。



冬採用のデメリット



冬からの就活に励む際には、デメリットも存在します。ここからは、後悔なく就活を進めるためにも、冬採用のデメリットについて紹介していきましょう。



#企業の選択が限られる



冬採用は、全ての企業が行っているわけではありません。この時期というのは、他の時期に比べて採用活動をしている企業はとても少なくなります。つまり、冬採用では就職先が限られ、企業を選びにくくなってしまうのです。行きたい企業が応募していない場合、似たような業種や業界の企業に就職するか、志望する企業に行くために就職浪人をするという選択をする必要が出てくるでしょう。



#ブラック企業の判断が難しい



ブラック企業は働く環境などが劣悪なため、離職率が高くなる傾向があります。慢性的に人手不足なため、人材確保のために冬の時期もブラック企業は採用活動を行っていることが多いです。そのため、冬採用を行っている企業には、ホワイト企業だけでなくブラック企業も多く紛れ込んでいます。就職先は、離職率の高さや社員の平均年齢の高さなど、情報収集をしてから選ぶようにすることが大切です。



#予定よりも早く募集が締め切られることがある



冬採用の場合、内定を辞退した枠を埋めるためなど、採用予定人数が少数であることが多いです。人員が十分に確保できた場合、企業は採用を終了するので、予定よりも早く募集が締め切られてしまうこともあります。冬採用は採用枠が小さいため、素早く行動し、目の前に訪れた大きなチャンスを掴んでいくことが重要となります。



冬採用で内定を勝ち取るポイント


冬採用で内定を勝ち取るポイント


冬採用はライバルが少なく受かりやすいというメリットがありますが、内定を取らないと意味がありません。ここからは、冬採用で内定を勝ち取るポイントを紹介します。



#就活している理由をしっかり答えられるようにする



就活のピークは、春採用や夏採用の時期です。そのため、冬採用に挑む場合、「なぜこの時期に就活をしているのですか?」と質問されることが多々あります。「色んな企業に応募したけど、内定がもらえませんでした」では、面接官からの印象はあまり良くありません。「今受けようとしている企業の方が、内定をもらった企業よりも自分に向いていると感じた」など、きちんとした理由を伝えらえるようにしておきましょう。様々な企業に応募し、内定をもらえなかった場合は自分の至らなかった部分を素直に認め、改善したい点などを伝えるようにしてみましょう。企業は向上心が高く正直な学生を好みますので、正直に伝えることで悪い印象を持たれるのを避けることもできます。



#多くの企業に積極的に応募する



冬採用は受かりやすいですが、募集人数が少なくなっていることが多いです。最良の結果を出すためは、できるだけ多くの企業の応募する行動力が大切です。たくさん面接することで、面接の仕方も上達していきますし、緊張せずに話せるようになっていきます。多くの企業に応募し、面接のコツを掴むことも内定の獲得率を高めるために有効です。



冬採用で大きなチャンスを掴もう



企業が冬採用を行うのには理由があります。その理由を考えることで、受かるための対策も考えやすくなりますし、優良な企業を選ぶための判断材料にもなるでしょう。そして、冬採用で成功するためには、スピードが命です。素早く行動して対策を練ることにより、期限前での募集終了となってしまうのを避けることができ、採用確立をアップさせることができるでしょう。