就職活動をするときにチェックした方が良い、正しい求人票の見方

就職活動をするときにチェックした方が良い、正しい求人票の見方

就職活動をおこなううえでまずしっかりとチェックしなければいけないのが求人票です。求人票には、就職活動をするうえで必要になるさまざまな情報が記載しているので、できるだけ時間をかけて内容を確認した方が、応募したい企業のことをよりよく理解できます。ここでは、求人票の正しい見方について紹介するので、これから就職や転職活動を予定している人などは、ぜひ参考にしてください。



雇用形態に関する情報の見方



雇用形態に関する情報の見方

求人票には雇用の条件や待遇などさまざまな情報が記載されていますが、必ず確認しておいた方が良いポイントの一つが、雇用形態に関する情報です。正社員以外の雇用形態で求人をおこなっている場合もあり、契約社員や嘱託社員など、会社により複数の雇用形態があります。派遣労働者として求人をしている企業もあり、常用型の派遣労働者のほかに、登録型の派遣労働者の仕事があります。常用型の派遣労働者とは、1年以上継続して勤務することを前提として、派遣元の企業に雇用される労働者のことです。登録型とは働くことを希望する人が、派遣元の企業にあらかじめ登録をしておいて、条件に合う仕事が見つかった場合に、期間を定めて派遣されるタイプの雇用形態です。



求人票を見る場合には、雇用期間の項目があるかどうか、調べておくことも重要なポイントです。求人によっては、あらかじめ数か月や数年単位で雇用期間が定められている場合もあるので、定年まで同じ会社で働くことを希望している人は、必ずチェックしておいた方が良い事項です。雇用期間が決められている求人であっても、契約を更新できる場合もありますが、更新をするときに必要な条件なども、求人票を読めばあらかじめ確認できます。



賃金に関する情報の見方



賃金に関する情報の見方


賃金に関する情報も、求人票を見る場合には必ずチェックしておいた方が良い項目です。賃金に関する情報として求人票に記載されている情報の一つが基本給です。注意した方が良いのは、求人票に記載されている基本給は税込みの金額であることが一般的なことです。実際にもらえるのは税金や保険料などが差し引かれた金額になるので、基本給のほかに手取り金額が記載されている場合には、しっかりと確認しておいた方が良いでしょう。



求人票によっては、賃金の金額が応募者によって異なる場合もあります。賃金が一定の範囲内で決められている場合には、応募者の職務経験などによって変わることがあるので、求人票を見ただけではわかりにくい場合には、面接のときに確認しておくことも必要です。賃金に関する項目としては各種の手当に関する情報も必ず確認しておく必要があります。手当の中には、雇用された場合に必ず支給されるものと、特定の条件に当てはまる場合にのみ、支給されるものがあります。自分が雇用されたときに、どの手当を受けることができるのか、求人票を読んでおくことであらかじめ確認ができます。家族がいる人の場合には扶養手当などもチェックしておいた方が良い項目です。職場が自宅から離れている場合には、通勤手当の具体的な内容なども、求人票を見て確認しておく必要があります。



賃金形態の情報の見方



求人票を確認するときには、賃金の形態についての情報も確認しておく必要があります。賃金形態の中でも多くの企業で採用されている一般的な方法が月給制です。1か月を1単位として給与の額が計算されるのが月給制です。日給制と求人票に記載されている場合には、1日ごとの賃金が定額で固定されていて、働いた労働日数に応じて支給額が決定されます。



求人票の中には日給月給制と記載されているものもありますが、1か月という期間を1単位にして給料を計算している点では。月給制と同じ種類の賃金形態です。月給制と異なっているのは、月給の額は定額になっていても、年休以外の理由で欠勤した場合には給与がその分差し引かれる点です。そのほかの給与形態としては、時間給制が採用されている場合もあります。時間給制は1時間ごとの賃金が決められている賃金形態で、実際に働いた時間に応じて、支給金額が決定する方法です。



就業時間や休日の情報に関する見方



就業時間や休日の情報に関する見方


求人票を見る場合には、就業時間に関する情報もしっかりと確認しておく必要があります。働きやすい時間帯であるかどうかの確認だけでなく、交代制についての情報が求人票に記載されている場合もあるので、あらかじめ確認が必要です。交代制であることが求人票に記載されている仕事の中には、複数の種類の交代制が採用されているものもあります。雇用された場合、これらの交代制の中から好きなものを選択できることもあれば、全ての交代制を順番におこなわなければいけないこともあるので、このようなことも求人票を読んで、しっかりと内容を確認しておいたほうが良いでしょう。



時間外労働に関する情報も求人票で確認しておいた方が良い事項で、同じ会社でも働く部署によって、時間外労働の時間が大きく異なる場合もあるので注意が必要です。また、時期によって時間外労働の時間が変化することもあるので、詳細がわからない場合には面接で確認しておいた方がおすすめです。



求人票をしっかりと読むことでわかる雇用に関する情報



求人票の見方について、ポイントとなるようなことをいくつか紹介してきましたが、一つ一つの条件をしっかり確認していくことで、働きやすい職場であるかどうかチェックできます。条件が悪い求人のように見えても、よく読んでみたら好条件の場合もあるので、細かいところまでしっかりと注意をして読むことが重要です。求人票をしっかりと確認して、自分にとって最適な職場を見つけてください。