内定者向けインターンシップとは?メリットと気を付けること

2021/06/01

内定者向けインターンシップとは?メリットと気を付けること 一般的には採用活動のひとつとして行われるインターンシップですが、採用内定者のみを対象にした「内定者インターンシップ」を実施する企業も増えてきました。
なぜ採用になった内定者に対してインターンシップを行うのか、また、学生もなぜ参加しなければいけないのか、内定者インターンシップの概要とメリット、気を付けるべき点をまとめました。
内定者インターンシップに参加する際の参考にしてみてください。

内定者インターンシップとは



内定者インターンシップとは

内定者インターンシップはその名前の通り、採用内定者を対象にして行われるインターンシップのことです。通常内定が決まったあと、最大でも1ヶ月ほど、学生の参加できる都合に合わせて企業側で準備されます。
企業が内定者向けインターンシップを実施する主な狙いは次の3点です。

  • ・実際に職場で働いてもらうことで、気持ちの準備をしてもらう

  • ・早い段階から人材を育成する

  • ・内定辞退や早期退職を防止するためのコミュニケーションの場


当たり前ですが大学生は基本的に「正社員として仕事をする」という経験を持つ人が少ないです。社会人経験が無い人にとっては、入社後の自分の生活や職場の雰囲気をイメージするのは難しいです。働き始めてから働くことの現実にギャップやストレスを感じてしまう人も少なくないのが現実です。
例えば、就活自の企業説明会などで極端に良いイメージだけを持ってしまった場合や、先輩から働くことのプラスの部分ばかりを聞いていた場合には、イメージとのギャップを働きながら埋めることは難しいでしょう。人材不足に悩む企業としても学生を大切に育てたいという想いもあり、内定者インターンシップが増えているともいえるでしょう。

内定者インターンシップのメリット



内定者インターンシップのメリット

内定者インターンシップの企業側のねらいについて説明してきましたが、学生としてはどのようなメリットがあるのでしょうか。内定者インターンシップのメリットについてまとめました。

  • ・職場の雰囲気を知ることができる

  • ・同期となる他の学生とのつながりができる

  • ・働く前に企業とのコミュニケーション・つながりを持つことができる

  • ・在学中に勉強すべきこと・準備すべきことが分かる


実際の職場で社員や同期となる学生とコミュニケーションを取ることができるので、会社の雰囲気や費用とされるスキルについて体験できるメリットがあります。
特に働いた経験がない学生にとっては、これから働くうえで「何を求められているのか、どんな力が不足しているのか」を知ることは非常に重要です。企業からすると「言ったことしかやらない・できない人材」は重要度が低いです。インターン期間はただの職場体験ではなく、「何を求められているのか」「誰に頼り・相談ができそうか」の2つのポイントに注意しながら過ごすと良いでしょう。

内定者インターンシップではどんな仕事をするの?



内定者インターンシップではどんな仕事をするの?

内定者インターンシップでは、実際にはどのような業務を任されるのでしょうか?企業は学生が働き始めてからも心身共に健康に仕事ができるように、学生が入社後に実施する業務やそれに近い業務を任せること多いです。基礎的な業務や社員の補佐、情報収集などがメインとなるでしょう。デザインなどクリエイティブな職種によっては、実力を試すために「自由にやってみて」と指示されることもあります。
もちろん社会人経験もスキルも無いので、いきなり難しい業務を任されることはありません。企業によっては学生のがやる気、対応力を試すために、少しチャレンジングなタスクを依頼されることもあるでしょう。いずれにせよ、「企業はあなた(学生)を大切に育てたい」という前提なので、分からないところは聞き、安心して取り組みましょう。
インターンシップで働くうえでの給料の有無も企業によって異なります。インターン期間中に給料が支払われることのほうが少ないようですが、後になってガッカリしない為にも事前に確認しておきましょう。

内定者インターンは社員としての評価にもなる?



内定者インターンは社員としての評価にもなる?

インターンシップとは言っても、内定者は入社後には社員として企業から評価を受ける対象になります。内定者インターンシップでの働き・姿勢が学生に対する社内評価になる場合があります。企業によっては内定者インターンシップでの動きをみて、配属先の部署やチームの選定を行う場合もあります。「内定をもらったし、ひと段落」と気を抜くことが無いようにしましょう。同期との社内での競争はもうスタートしているかもしれません。
内定者インターンシップでよく評価対象になるのは次の点です。

  • ・基本的なビジネスマナー 報連相ができるか

  • ・難しい課題に対して解決策を見つける姿勢があるか

  • ・業務における専門技術・スキルのレベル


特にビジネスマナーや他の社員との報連相については必ず見られると言っていいでしょう。会社という場所は「社員が給料を貰いながら、会社に対して利益を提供する」というシビアな場所です。決して社内見学や職場体験のような姿勢で参加することが無いようにしましょう。

油断注意!内定後に留年・卒業ができない!?



油断注意!内定後に留年・卒業ができない!?

内定も決まり、あとは入社までゆっくりと楽しむだけ、と考えている学生に特に注意してほしいのが、「内定後の留年」です。基本的に卒業ができない場合は内定取り消しになるか、企業と相談のうえで特別措置を取ってもらうことになります。内定は大学の卒業を前提に与えられているものであることを忘れずに、卒業単位は十分に取れているのかを確認しておきましょう。

内定者インターンシップについてのまとめ



内定者インターンシップについて紹介してきましたが、いかがでしたか?入社後からがあなたのキャリアのスタートではありません。内定者インターンシップで得られるメリット、注意点について理解したうえで、インターンシップを最大限に活用できるように準備しましょう。